フェイスラインニキビは豆乳でケアしてみては

顔にできるニキビの代表格といえば、Tゾーンやおでこ、鼻、口周りなどですが、フェイスラインにできるニキビで悩んでいる女性も非常に多いんです。フェイスラインニキビは1個2個ポツポツとできる感じではなく、炎症性の強い赤ニキビが無数にできるのが特徴です。女性の場合、化粧をしても目立ってしまったり、ニキビ跡が残ってしまうなどがあるので大変ですよね。

 

女性のフェイスラインニキビには女性ホルモンが関係している場合があります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、生理前や生理中などはプロゲステロンのホルモンが多く分泌されます。プロゲステロンには皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れを引き起こす作用があり、汚れが溜まりやすいフェイスラインにニキビができやすくなってしまいます。

 

また、ストレスによって自律神経が乱れ交感神経が過敏になってしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、結果的にニキビができやすくなってしまいます。普段から、ストレスを感じやすい人や睡眠不足が続いている人は、リラックス効果のあるホットミルクを就寝前に飲んで、自律神経のバランスを崩さないようにしてみましょう。

 

フェイスラインは何気なく手で触ってしまいやすい場所でもあります。頬杖がクセの人はすぐにやめましょう。手には雑菌が多くあり、その手で顔を触ってしまうとニキビの原因となってしまいます。特に顎は肌のターンオーバーが遅く、一度炎症のある赤ニキビができると跡が残りやすいので、清潔に保つことを意識してみてください。

 

女性のフェイスラインニキビのケアでおすすめしたいのが豆乳です。生理前は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、皮脂の過剰分泌や乾燥の肌トラブルが多くなります。
豆乳にはホルモンバランスを整える効果があるので、女性ホルモンの乱れが関係しているフェイスラインニキビには豆乳が有効です。生理の1週間前から毎朝1杯の豆乳を飲んでみましょう。

 

また、豆乳には抗酸化作用のある成分が多く含まれているので、皮膚の新陳代謝を高めてくれたり、ニキビ跡の改善にも効果的です。生理前の肌荒れしやすい時期は豆乳が配合された化粧水に切り替えるなど工夫してみるのも良いでしょう。
フェイスラインニキビで悩んでいる人は、豆乳で体の外側と内側からケアしてみてはいかがでしょうか。