日焼け止めで完璧に常に若い肌を維持できるように

紫外線は肌の老化を早めてしまいます。

 

 

紫外線を浴びた肌を守ろうとしてメラミン色素を作り出し、それが上手く排泄されないとシミの原因になってしまいます。また紫外線は真皮にまで到着し、コラーゲンを傷つけシミやたるみを作り出します。目に見えないので油断しているとそのダメージは蓄積され、ある日突然に肌の老化が現れてきます。外に出るときはシッカリと日焼け止めなど塗って紫外線対策を徹底し、完璧に常に若い肌を維持できるようにします。

 

日焼け止めの手商品の表示には、紫外線B派のカット効果をしめすSPFと、紫外線A派の効果を示すPAがあります。B派はエネルギーが強く、火傷を起こしてしまう波長です。A派は真皮にまで到着してダメージを与え、老化を促進させてしまいます。SPFは何も塗ってない状態に比べ、赤くヒリヒリするまでの時間を約10倍に伸ばします。PAは、A派をカットできる日焼け止めです。

 

敏感肌の人は、紫外線吸収剤が入っている化粧品が肌を刺激する子があります。紫外線吸収剤不使用や紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルと表示されたものをしよするといいです。日焼け止めを塗る量が少ないと、その効果がシッカリと得られないです。その上にパウダーファンデーションを重ねて塗ると、一層確実に紫外線をカットするのに有効的です。

 

 

紫外線は地表までまっすぐに伸びていく直射日光と、空気中で四方八方に広がっていく錯乱光の影響を”日陰”にいても受けてしまいます。

 

 

また曇っていても、その雲を通過して地上に届き肌にダメージを与えてしまいます。長袖のシャツを着て、買い物や洗濯物を干している短時間でも紫外線は通っているので、UV加工した衣類を着たりして気を付けます。また家の中や自動車の中でも、紫外線A派はガラスを通過して中まで入ってきます。日焼け止めを正しくシッカリ塗って、紫外線をシャットアウトをすることです。紫外線によるシミというものは、見るだけでも嫌なものですね。