毎日のお手入れが原因で肌を乾燥させてしまっている事もある

乾燥肌になってしまう原因

 

乾燥肌の人は、小じわが出来やすかったりメークのりが悪かったりと悩みが尽きません。乾燥肌が酷くなると、顔に粉をふいたようになってしまう人もいます。肌が乾燥している人は、体質だと諦めてしまっている人もいるかもしれません。しかし、毎日のお手入れが原因で肌を乾燥させてしまっている事もあるのです。

 

クレンジングを見直してみましょう

 

毎日使っているクレンジングに石油系界面活性剤が入っている商品を使用している人は要注意です。石油系界面は大変洗浄力が強くて、皮脂を必要以上に洗い流してしまうからです。石油系界面活性剤は、ハンドソープや台所用洗剤など様々な商品に使われています。台所用洗剤を素手で使うと、あっという間に手がかさついてしまうという人もいると思います。これと同じことが顔でも起きているのです。石油系界面活性剤は、安価な商品に使われている事が多いです。最近はプチプラ商品が人気ですが、石油系界面活性剤や添加物が多く使われている事が多いので気を付けなければなりません。

 

乾燥肌を改善する1つ目の方法

 

乾燥肌を改善したいならば、石油系界面活性剤の使われていないクレンジングを使う事です。そしてアルコールやパラベンなどが使用されていない無添加の物を選びましょう。植物由来の洗浄成分で作られているクレンジングを選ぶと良いです。最近はオーガニックの商品も大変人気があります。この様なクレンジングは、数百円で買う事は出来ません。1つ数千円することが殆どです。なので植物由来の洗浄成分と記載されているのに値段が数百円の場合は、石油系界面活性剤も入っている可能性がありますので気を付けましょう。商品を選ぶ時には値段も一つの目安になります。

 

 

乾燥肌を改善する2つ目の方法

 

肌は大変摩擦に弱いです。力を入れて擦ってしまうと、肌を守っているバリア機能が破壊されてしまいます。なのでクレンジングをする時には、力を入れない様に優しくメークを落す事が大切です。
この2つの方法を行えば乾燥肌が改善していく事が期待出来ます。